クレカの解約って思った以上に簡単だったスヤマタクジです。
今回はそんな解約に関するお話し。

クレジットカードの解約は簡単すぐに出来ます

クレジットカードの解約について。

クレジットカード(クレカ)を初めて作る人がよく不安に思っているのが、解約はすぐに簡単に出来るのか?といったこと。

年会費がかかるものもあるし、作ってみて要らなかったらすぐに解約したいという心情の現れですね。

クレジットカードの解約は簡単にすぐに行えます!

やり方は簡単。
クレジットカードの裏面に書かれて電話番号に電話して『解約したい』と伝えるだけ

ね、簡単でしょ?
電話番号はクレカの裏面だけでなく、公式ホームページやカード発行時に送られて来た書類、紙の明細書が届くならそういったものにも書かれています。

とにかく電話して解約を伝えるだけでOK。
作る時と違って、書類を書いたり面倒なことをする必要はありません。

僕は今まで2枚のクレジットカードを解約しましたがどちらも電話1本で解約できました
もしかしたらクレカによって違う方法のものもあるかもしれませんが、ネットやリアルで他の人の口コミや評判を聞く限り、そういったカードは無さそうな印象ですね。

クレカ解約時の注意点一覧

  • 公共料金などの支払い
  • キャッシングやリボ払いの残高
  • 独自系のポイントは使えなくなる
  • 家族カードやETCカードが使えなくなる
  • 解約後のカードはハサミで切って処分する
  • 作ってすぐの解約は避ける

クレジットカード解約時の注意点をまとめると以上の通り。
解約すると当然ながら公共料金の引き落としなどには使えなくなるため、解約前のこの辺りの変更を済ませておきましょう。

また、そのカードに付随していた家族カードやETCカードも使えなくなります。
他にも、キャッシングやリボ払いの残高があった場合、一括での支払いとなるため注意しましょう。

あとは独自系のポイントも失効されて使えなくなります。
独自系のポイントとは、その会社が独自に発行しているポイントで、それを独自系ではない楽天スーパーポイントやTポイントなどに替えたり、商品に交換して使うものですね。

逆にこういった交換を行わずに楽天スーパーポイントやTポイントが直接貯まるものであれば、それらのポイントは解約した後も使えます
カードを解約した後は安全のためにハサミでバラバラに切って処分するようにしましょう!

心配であれば、2回のゴミに分けて処分すれば安心です。
また、カードを作ってすぐに解約するのはやめておきましょう。

というのも、カードを発行するのはそこそこのコストがかかるから。
そのため、そういったことを頻繁に行うと心証が悪くなり、カードの審査に通りにくいという情報もあります。

解約しないためのクレカの選び方のポイント

  • 年会費無料のものを選ぶ
  • 還元率よりも使いやすさを重視する
  • 独自系ポイントが貯まるものは避け、使いやすいポイントが交換なしに貯まるもの

クレジットカードを解約しないでいいように、選ぶ時に上のようなことを注意してみましょう。
クレカでよくネックとなるのが年会費。

極端な話、年会費が無料なら解約せずに持っておいても損はありませんからね。
あとは還元率を重視する人が多いですが、還元率が高いカードはだいたい独自系ポイントが貯まるもの。

独自系ポイントは交換して使わないといけないため、これがけっこう面倒で忘れやすいのですよね。
僕が前に作っていた2枚もこの形だったので、随分と忘れてポイントを失効したものです。

なので、ここは自動で使えるところが多いポイントが貯まるカードをおすすめします。
具体的には、楽天スーパーポイントが貯まる『楽天カード』やTポイントが貯まる『Yahoo!Japanカード』などですね。

楽天スーパーポイントはネットはもちろん店舗でも取扱い店舗が増えたきた、Tポイントも店舗中心にネットでも使えるところが増えてきましたから。
どちらも貯まっても全く使う機会がない人は少ないはず。