通信費って実はかなり削れるよなと実感しているスヤマタクジです。
今回はそんな通信費をお得に削るお話し。

主な通信費の節約術一覧

  • 格安スマホ(SIMフリー)に変える
  • 家のネット環境は全てスマホのテザリングで済ませる
  • ゲームや動画などをがっつり楽しみたいなら光回線かポケットWi-Fi
  • 光回線を選ぶときはキャッシュバックに惑わされない
  • 選ぶのが面倒ならフレッツ光系の中から選ぶ
  • 引っ越す時はネット無料の物件に引っ越す

主な通信費の節約術をまとめると以上の通り。
やるとやらないではかなり差が出てきますよ。

格安スマホ(SIMフリー)は最強ツール

格安スマホは最強ツール。

電話代を削るなら格安スマホ(SIMフリー)の存在は外せません。

電話番号なし・通話はLINEなどで行うのであれば、月額1,000円を切りますから(大手は月額5,000円以上)

また、電話番号ありのバージョンでも月額2,000円を切ります。

電話料金は別ですが(会社によっては短い時間なら無料の場合も)、僕は電話番号有りのプランを1年ぐらい使っていますが、月額2,000円を超えたことがありませんから。
僕みたいにあまり電話をしない人なら絶対に格安スマホの方がお得です♪

また、普通によく電話をかける場合は同じかけ放題があるY!mobile(ワイモバイル)がおすすめです。
格安スマホよりも少し料金は上がりますが、それでも大手よりも安いですから。

ちなみに格安スマホを薦めると『繋がりにくくなるんじゃないの?』よく言われますが、そんなことはまずありません。
なぜなら、使っている回線はだいたいドコモ(たまにauなどもありますが)

なので、繋がりやすさはドコモと同じですし、携帯端末もドコモのものをそのまま使えます(auならauの携帯)
iPhoneも使えますし、仮に新規購入する場合でもAndroidスマホなら新品でも1~3万円、iPhoneでも旧式を中古で買えばそれぐらいで済みます。

PCやタブレットはスマホのネットで済ませる

通信費を最大限に節約するなら、家のPCやタブレットもスマホのネットで済ませましょう。
テザリング通信を行えば、それも可能です。

テザリングとは、簡単に言えば他の機器もネット環境に繋げる機能のこと。
そして、その機能がスマホに搭載されているのです(一部対応していないものもある)

別途料金もかかりませんし、月のデータ通信量をオーバーしても速度が遅くなるだけで使えなくなることはありません。
家のタブレットやPCはネット検索を行う程度であれば、スマホ1つでも十分に対応できるわけです♪

ゲームや動画もがっつりしたいならポケットWi-Fi

モバイルWi-Fiルーターも侮れない。

基本はスマホのみで、他のタブレットやPCはスマホのテザリングで対応すればOK。

ただし、ゲームをよくしたり動画をたくさん見る人は別。

その場合、月のデータ通信料量はすぐにオーバーしますし、速度が遅くなると非常にストレスが溜まりますから。

そんな時はデータ通信無制限のポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーターやモバイルルーターと呼ぶことも)を利用しましょう。
また、格安スマホでもデータ通信料無制限のものもあります

モバイルの名の通り、コンパクトなので持ち運びも行いやすい。
イメージ的にはお店などにあるWi-Fiスポットを持ち歩くような感じですね。

在宅で仕事をするなら光ネットも欲しい

安定性と速度なら光インターネット。

僕のように在宅で仕事をする・またはかなりハードなゲーマーなら、やはり速度と安定性のある光インターネットは欲しいところ。

逆に言えば、そうでなければもはや光インターネットは必要ない時代かなと思います。

普通にネット検索だけを行うならスマホでも十分ですから。

昔だったら、光インターネットをキャッシュバックキャンペーンを使い倒すのは基本でした。
キャッシュバックの条件をクリアしたら、また別のところに乗り換えてキャッシュバックをもらうという流れですね♪

面倒ですがこれを繰り返すとかなり通信費を節約できたもの。
ただ、最近のキャンペーンの内容や最低利用期間&違約金の内容を見ると、その方法はもうあまり出来ませんね。

それよりも、キャッシュバックやキャンペーンに惑わされず、長期的に料金が安いところを選ぶ方がお得
フレッツ光のように、長く利用することで料金が徐々に下がるところも登場してきましたから。

光インターネットは時期によって料金が違いますが、業界シェアNo.1のフレッツ光は安定して安いですね。
フレッツ光は光もっともっと割など、長く利用することで割引されるサービスが登場したのが大きい。

ただ、フレッツ光+格安プロバイダの組み合わせよりも安い光コラボレーションが登場しました
光コラボレーションとは、フレッツ光の速度・品質をそのまま低価格や独自サービスを提供するインターネットサービス業者のこと。

イメージ的には格安スマホや電気自由化の新料金みたいなものですね。
プロバイダとセットで1,000円前後安い料金やスマホでセットで使うことで割引するサービスなどを提供しています。