子供の貧困問題については教育の中身を変えるだけでかなり改善できると思うスヤマタクジです。
今回はそんな貧困問題を解決する教育に関するお話し。

親が貧困だと子供も貧困になりやすい

貧困は連鎖する。
親が貧困だと、その子供も貧困になりやすい悪循環に陥ることですね。

親が貧困だと子供の教育にお金をかけられない。
で、学歴社会の日本では教育にお金をかけられないとその子供も貧困になりやすい。

その連鎖を防ぐためによく言われている対策が以下の方法。

よく言われる貧困連鎖を防ぐための対策

  • 高校・大学を無償化する
  • そういった世帯を補助金などを出して支援する

特に大学はお金がかかるため、ここを無償化するのは効果も大きいでしょう。
また、世帯をまとめて支援できれば、親の貧困の解決にも繋がります。

が、これらのやり方はどちらも大きな穴があります。
それはどちらも莫大なお金が必要で、そのお金をどこから持ってくるか?という問題が。

特に今の日本は少子高齢化社会で、国も地方もお金がありませんからね。
また、高校・大学を無償化したところでお金が全くかからないわけではありません。

例えば、義務教育の小学校・中学校はすでに無償化されていますが、それでも制服や備品などの費用は必要。
これがけっこうお金がかかると嘆いている親は多い。

そして、子供を高校や大学に通わせるには親の影響が非常に大きいということも忘れてはいけません。
例え、高校・大学を無償化したところで親がNo!と言えば、通うには難しくなる(方法がありますが)

世帯に補助金を出しても、それを子供の教育に使うかどうか決めるのも親。
子供のうちは親の影響が大きいことは誰もが経験しているはずなのに、なぜかこの視点が抜けているのが不思議でたまりません。

義務教育に稼ぐ力を伸ばす授業を加える

貧困層でも小学校・中学校までの義務教育はほとんどの人が受けています。
であれば、一番に手を加えるのは義務教育でしょう。

貧困を解決する一番手っ取り早い方法は自分で稼ぐ力を身に付けること。
稼ぐ力を身に付けるために大事なことは、お金の知識・情報力(情報を集めて選ぶ力)・生活力(消費に振り回されない)・ビジネス力など。

正直、実生活に関わり薄い勉強に時間を使うより、こういったことに時間を使えばいい。
もちろん、それが将来的な人材を育てるために必要なことは分かります。

でも、ほとんどの人にとっては関係ない。
それならば、そういった時間を減らし、もっと生活に関係あることに時間を使うべきでしょう。

それ以外の勉強については高校や大学で希望する人が勉強すればいいだけ。
日本ではお金=汚いというイメージを持っている人が多いですが、別に詳しくなったところでお金に汚くなるわけではありません。

逆に詳しくないとお金に汚い人に騙される確率もグッと上がるのです。

学歴=稼ぐ力ではない

日本は学歴社会ですが、それでも学歴=稼ぐ力ではありません。
高学歴でも稼げずに生活が苦しい人もいますし、低学歴でも億を稼いでいる人だっています。

学歴が大事になるのは会社員になった場合。
それ以外の道であれば、特に学歴は関係ないという事実を知っておきましょう。

学歴が必要ない道があることも教えてあげる

学歴が必要ない道もたくさんある。
これを子供のうちに学んでおくのはとても大事だと思うのですよね。

会社員・派遣・契約以外の道もあるということを。
特に高学歴が難しい貧困であれば、選択肢がグッと広がります。

ハッキリ言って、低学歴が会社員になっても安月給の正社員か、派遣か契約になるパターンがほとんどです。
でも、フリーランス(自営業)を選べば、大きく稼げる可能性は会社員よりも高くなります。

例えば、僕はほぼ高卒(代々木アニメーション学院卒)の低学歴ですが、ブログやライターなどのネット関連の仕事を行ない、年収1000万円を超えたこともあります。

この数字は低学歴はもちろん、会社員なら高学歴の人でもなかなか達成できない数字です。
また、美容師・整体師・鍼灸師など、お店を開いている人にもこういった人が何人もいます。

フリーランス・自営業なら学歴は関係なしで稼ぐチャンスがある!
必要なのは専門の知識と腕、そしてビジネス力です。

そして、これらは学歴に関係なく身に付けることができます。
だからこそ、小・中でこういった道があることも教え、そして伸ばしてあげることが子供の貧困連鎖を断ち切るために必要なことだと思います。

ではではまた。