親に格安SIM・スマホをおすすめした時は大苦戦したスヤマタクジです。
今回はそんなネットが苦手な人の格安SIM・スマホのお話し。


格安SIM・スマホのこんなことに抵抗があるのでは?

僕が使っている格安SIM・スマホのMVNO会社(格安でサービスを提供する通信事業者)は『楽天モバイル』
料金が安く、電話かけ放題プランもあり、楽天スーパーポイントがお得に貯まるのが魅力の会社です。

ただし、店舗が人口が多い都市部にしかないというのがネック。
そういった場合はネット申込みを行うことになるのですが、日頃ネット検索を行う層でもそれを嫌がる人が意外と多いのですよね。

あとはネット申込みだと即日受け取りが出来ない点。
特に電話番号をそのまま引き継ぎたい人は当日受け取りじゃないとNGな人が多いですね。

まとめると、ネット申込みが基本の格安SIM・スマホの弱点は、ネット申込みのハードルが高い・即日受け取りができないの2点。
この2つの弱点をカバーしてくれるのが店舗・店頭申込みが行える格安SIM・スマホのMVNO会社です。

店舗・店頭で手続き出来るおすすめ格安SIM・スマホ

ここでは、ネット申込みに抵抗がある・即日受け取りが希望の人に最適な店舗・店頭申込みが行える格安SIM・スマホのMVNO会社をまとめています。

全国に店舗がある格安SIM・スマホの大手

全国に店舗がある格安SIM・スマホの大手MVNO会社は、『Y!mobile(ワイモバイル)』と『イオンモバイル(AEON MOBILE)』

ワイモバイルは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)並に店舗(ショップ)が多く、さらにCMも行っているので知っている人も多い。

ワイモバイルは正確にはMVNO会社ではないのですが、料金が大手キャリアよりも安いため、ここではMVNO会社に含みます。

格安SIM・スマホの中では料金が高いのがネックですが、ワイモバイルは電話料金も条件付きで含まれているため(MVNO会社は電話代別が普通)、電話をよくかける人にとってはむしろ安いことも。

イオンモバイルはその名の通り、イオンが展開している格安SIM・スマホサービス。
イオンモバイルは業界屈指の低料金に加え、選べるプラン数が業界最多という点が魅力です。

ただし、なぜかイオン全店に店頭が置かれていないのがネック。
店頭が設置されていない店舗では他からの取り寄せになるため、即日受け取りが出来ないという弱点があります。

家電量販店

家電量販店の多くは格安SIM・スマホのサービスを行っています。

サービスを行っている主な家電量販店は、ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ソフマップ・エディオン・コジマ・ケーズデンキ・ベスト電器など。

大手家電量販店はだいたいどこでも取扱っていますね。
中小でも店頭を設置しているところは多い。

近くに家電量販店があるのなら一度はチェックしてみましょう。
家電量販店の中では特にビックカメラの『BIC SIM(ビックシム)』が有名ですね。

中古スマホ端末を取扱っているお店

他にも、中古スマホ端末を取扱っているお店でも店頭が設置されているところもあります。
一番有名なところはゲオの『ゲオモバイル』ですね。

ゲオモバイルでも当日OK、即日受け渡しに対応しています。
他には、ブックオフや地方の携帯ショップなど。

また、他ジャンルのお店でも、ドン・キホーテ・ローソン・ファミリマート・ミニストップ・TSUTAYAなどでも取扱っています。
意外なところに店頭があるなんてことは今やよくある話し。

店舗・店頭で手続き出来るお店の選び方

以上の店頭・店舗があるMVNO会社(格安でサービスを提供する通信事業者)の中からどこを選べばいいのか?
電話をよく行う人なら店舗数がダントツに多いワイモバイルがおすすめ。

ワイモバイルは基本料金が高いですが、電話料金も条件付きで含まれているので。
さらに、旧型とはいえiPhoneが選べる点も魅力。

電話はLINEなどの無料アプリでOKなら、料金が安くプランも多いイオンモバイルがおすすめ。
店頭を設置しているイオンが近くになかったら、あとは家電量販店やゲオなど、近くにある店舗という順になります。

ちなみに、TSUTAYAのTONE(トーン)モバイルは少し特殊で、子供(親子)やお年寄りをメインターゲットとした簡単操作のスマホやサービスが特徴です。