iPhoneは高く過ぎる!と思うスヤマタクジです。
今回はそんなiPhoneと格安SIMに関するお話し。

格安SIM+iPhoneの組み合わせはあまりおすすめしない

iPhone 6 Plusの新品です。

格安SIM+iPhoneの組み合わせを自分で行ってみて感じたこと。

新品でiPhoneを買う場合、格安SIMの魅力が十分に活かし切れないということ。

というのも、SIMフリーの新品iPhoneは価格が非常に高いから。

僕はSIMフリーのiPhone 6 Plus 64GBを新品で購入しましたが、価格は15万円程度しました。
いくら格安SIMの月額が安いとはいえ、端末でここまで取られるとなかなかの負担です。

僕はドコモでスマホを契約していた時は、月額7,000円程度払っていました。
格安SIMに変更したことでこれが月額2,000円程度にダウン。

とはいえ、これにiPhone本体代15万円が加算されますから。
例えば、これを2年で割ると(2年縛り後に端末を変える人が多いので)、150,000÷24=6,250円。

これに2,000円をプラスすると8,250円となり、2年でiPhoneを買い直すと格安SIMの方が損することになります。
格安SIM+iPhoneの組み合わせなら長く愛用することが基本となります。

格安SIMを利用するならiPhoneより格安スマホがおすすめ

格安スマホがおすすめ。

格安SIMを利用するのならiPhoneを選ぶより格安スマホを選ぶ方が断然おすすめ。

本体価格の目安としては3万円以下が理想的ですね。

3万円なら30,000÷24=1,250円

2,000円をプラスして3,250円とドコモ・au・ソフトバンクなどで利用するより月額4,000円程度お得になります。

ちなみに格安スマホで一番売れているZenFoneシリーズなら3万円程度の端末はいくつかあります。
また、ZenFoneに対抗して販売された日本の格安スマホシリーズも3万円程度の端末は複数あります。

なかには1万円程度で購入できるスマホも。
こういった格安スマホを選ぶことで格安SIMの魅力は最大限に発揮されるというものです。

iPhoneをどうしても使いたいなら安価版・旧モデル・中古がおすすめ

iPhone 6 Plusです。

いや、それでも自分はiPhoneが使いたい!

そういったApple製品が大好きな人は廉価版(安価版)・旧モデル・中古を購入してなるべく端末コストを抑えましょう。

iPhoneでもSEなどの安価版、旧シリーズや中古なら安く買えますからね。

また、新しいシリーズであってもiPhoneほどの人気商品ならすぐに未使用などの新中古が登場します

ゲオなどの中古スマホを取扱っているショップをチェックしてみてください。
僕がiPhone 6 Plusを購入したのは発売されてから1ヶ月程度後でしたが、その頃には普通にゲオに中古品が並んでいましたから。

僕は初めてということもあって、AppleでSIMフリー版のiPhone 6 Plusを購入したのですが、ゲオで買えば1万円ほど安く買えました。
もっと早くこのことを知っていれば・・・。

ちなみにドコモやau版のiPhoneであれば、SIMフリー版よりさらに数万円安く購入できます(僕がゲオで見た時は5万円ぐらい安かった)
例えば、僕が契約しているMVNO(格安SIMを提供する業者)は楽天モバイルですが、ここが使っている回線はドコモのもの。

そのため、ドコモのiPhoneであれば楽天モバイルでも使えます。
どちらも同じiPhoneですし、コストを抑えるならこの場合はドコモ版の中古を買えば良かったわけです(悔)

ただし、ドコモ版やau版のiPhoneを使う場合、SIMロック解除をしないとテザリングが行えないので注意しましょう。