なんだかんだでフリーランスとして働いている期間が圧倒的に長いタクです。
今回はそんな僕の仕事の変遷に関するお話し。

フリーランス(自営業)前の経歴まとめ

  • 北九州の高校を卒業後に博多へ
  • 博多の代々木アニメーション学院卒業後に東京へ
  • アルバイトをしながら声優として活動
  • アルバイトをしながら芸人として活動
  • 芸人を引退して会社員になる

フリーランス時代の仕事の変遷まとめ

僕が会社員を辞めてフリーランスになったのが2007年の年末。
それから現在までの仕事の変遷をまとめてみました。

友達と会社立ち上げ計画時代

僕は会社員が嫌でずっと辞めたいと思っていました。
そんなサラリーマンを2年半も続けられたのは、芸人時代の友達と一緒に入社したのが大きかったですね。

で、会社を辞めてその友達と一緒に会社を立ち上げる計画をしました。
なんだかんだ言っても一人よりは二人の方が心強いですし、何よりもその友達が仕事が出来ました(その会社でも管理職になっていました)

なので、その友達が代表になって会社を立ち上げるという計画だったので、脱サラに全く抵抗がなかったのですよね~。
いざ会社を辞めて、さあ本格始動!と思ったら、急にその友達が芸人にカムバックした時はビックリしましたがっ!?

しかも、僕には一切相談をせずにっ!(笑)
まあ、このおかげで自分一人で個人事業主をすることになり、今に至るので結果的には良かったのですが。

ちなみに、その友達はその数年後に再び芸人を引退。
その後、個人事業主として成功し、会社を立ち上げることになったのですが、その時に再び誘われました。

もちろん、答えはNO!(笑)
一度裏切った人は信用できない!・・・というわけではないですが、個人事業主として全て自分で決めて仕事するのが楽しくなっていたので。

どうやら、自分は人に使われるよりも全部自分でやる方が性に合っていたようです。

FX時代

友達との会社設立に失敗し、僕が最初に手を出したのがFXです。
それまでに本を何冊も読んで勉強していたのもありますが、楽にお金を稼げそうと思ったのが一番の理由ですね(笑)

プロフィールにも書いていますが、僕は怠け者でラクして稼ぎたいがモットーなので。
投資はお金持ちが稼いでいて、その究極系とその当時は思っていました。

結果、1週間で300万円ぐらい儲けました!
会社員時代の給料が少なかったこともあり、まさにこの時は有頂天でしたね~。

この調子なら月収1000万円も夢じゃない!税金はどうしようと、取らぬ狸の皮算用状態でした。
まさか、次の週に350万円ほど負け、トータルでマイナス50万円も損をするとは夢にも思いませんでした。

完全なるビギナーズラックというやつですね。
これもあって、本格的にFXをするのは3ヶ月でやめました。

一気に大きな金額が動くのは非常にストレスがかかるのですよね。
トレードをしている時は、レートが気になって出掛けたり眠ったりするのも心配で集中できませんでしたし。

精神衛生上によろしくない!ということで、他の仕事を探すことにしました。

ネット起業試行錯誤時代

FXの次にやろうと思ったのがネット起業。
というのも、投資の本と同じく、ネット起業やネット副業の本をたくさん読んでいたからです。

ネットショップ・オークション・アフィリエイト・ブログ・ドロップシッピングなど。
本のなかにはこれらを複合的に取扱ったものもありましたね。

ただ、この中のどれにも特に思入れがないのと、どれが良いのか分からなかったので、とりあえず一通り試してみました。
この試行錯誤を行った約1年間はほとんど収入がない暗黒時代。

この期間は、バイトをしながら食べ繋いでいました。

アフィリエイター時代

複数のネット起業を試した結果、成果が出始めたのがアフィリエイトでした。
成功報酬型広告やネット広告と呼ばれるものですね。

紹介した商品が売れたらその売上の一部などが報酬にもらえるというビジネス。
報酬をゲットするために無茶なことをしているアフィリエイターもいるため、けっこう世間的な評判は悪かったりします。

また、ネットにあまり詳しくない人や地方では知らない人も多いですね。
僕も税務署に仕事内容を説明するときに苦労したものです(笑)

僕はたまたまアフィリエイトを教えてくれる人に出会ったのが運が良かったですね。
その人の教え、『自分が使ってみて良かったものだけ紹介する』というスタイルを守ったおかげで、クレームなども特に入ったことはありません。

なので、アフィリエイトがどうというより、それをやる人のモラルの問題ですね。
まあ、これはどんな仕事でも共通することですが。

その人の教えのおかげもあり、アフィリエイトで生活費を稼げるようになり、最終的に年収1000万円以上稼ぐことに成功。
さらに、浮き沈みが激しいと言われるネット業界の中では、今のところかなり安定して稼いでいます。

ただ、アフィリエイトは紹介する商品やサービスが限られる(広告を出していない会社のものは紹介してもお金にならない)、商品解説がメインになるので自分を出しづらいのがネック。

僕もそうですが、稼げるようになった多くのアフィリエイターがここでモチベーションが下がるのですよね。
ハッキリ言って、アフィリエイトだけではやりがいが薄い!

また、検索順位が重要になるので、Googleの動き次第では大打撃を受ける可能性がある点もストレス。
僕も一度大打撃を受けた経験があり、そこから数年はさすがに安定収入ではなかったですね(笑)

ライター時代

アフィリエイト以外のビジネスを探しているときに、たまたま舞い込んで来たのがライターの仕事。
あるコラムサイトでコラムを書きませんか?という誘いですね。

1記事1,000円で、アクセスが増えたら報酬アップという条件でしたが、どれぐらいのアクセスでいくらもらえるかは教えてもらえませんでしたね。

自分で受注するライターの仕事は1記事100円程度が相場らしいので、それと比較すると条件は良いですが、アフィリエイトを行うのと比べるとかなり割が悪いです。

ただ、仕事を広げたいのと、このコラムサイトで知名度を上げれば、新しい可能性も広がるかなと思い引き受けました。
結果、2か月で本格契約の前にやめました(笑)

やってみてメリットを感じられなかったのが辞めた理由ですね。
自分のアピールが全然行えない(PR部分に自分のサイトなどが掲載できない)・書いた記事が思った以上に変更される・コラムを読んでいる人が女性中心など。

僕が初めて書いた記事がいきなり男性部門で1位になるなど、ライバルも少なかったですし。
これだと意味がないかなとスッパリと辞めました。

時間は有限ですから、始めるにしろ・辞めるにしろ決断は素早くが基本
この辺りは直感に従いましょう。

ブロガー時代

で、現在取り組んでいるのがブロガー。
ブロガーとは、ブログで影響力を高めてそれで商売をしている人の総称ですね。

『有名ブロガー』で検索すれば、色々と名前が出てきますよ。
影響力を高めて何を売るかは完全に自由!

アフィリエイトと違い、自分を出しやすい&売る商品やサービスが自由という点に惹かれて僕は始めました。
今以上に自由度が高まりますから。

現在はブロガーを中心に上で紹介したその他のWeb関連の仕事もしながら生計を立てています

フリーランス(自営業)としての現在の売上

僕の現時点のフリーランスとしての売上は、アフィリエイト・広告掲載(企業から依頼があって月間いくらでサイトに掲載するもの)・記事執筆とその他のネットや広告関連の仕事が少々といった感じです。

現在のメイン収入となっているのがアフィリエイトですね。
アフィリエイターとブロガーの収入を合わせてこんな感じ。

A8成果です。
アフィリエイトB成果です。
アクセストレードランクです。

上からA8・アフィリエイトB・アクセストレードのASP(アフィリエイト広告会社)ランクですね。
前まではブラックが一番上でしたが、現在はそれぞれスーパーサイヤ人級の人をブラック以上のランクにしているようです。

前はどちらもブラックでしたが、ブロガーに転向したばかりで収入が下がったこともあり、アフィリエイトBのランクを落としました。
アクセストレードも最近ランク制になりましたが、ここはサブで使っているのでそこそこレベルですね。