早くこの方法を知っておけばよかったと思うタクです。
今回はそんなお得に買い取ってもらう方法に関するお話し。

ブックオフやゲオよりネット宅配買取専門店で売る

本処分はネット買取専門店で。

本棚から溢れた不要な漫画本を売りたい。

そんな時は、BOOKOFF(ブックオフ)やGEO(ゲオ)などの店舗で買い取ってもらうのが一般的。

しかし、それはちょっと待ってください!

僕も前まではそうでしたが、他に高く売れるところを見つけてからは一切ブックオフやゲオでは売っていません。

それはネット買取専門店で売る方法ですね。
ネット買取専門店とは、ブックオフやゲオのように店舗を構えず(もしくは1店舗のみなどの少数)、インターネット経由で買取を行ってくれるお店のこと

ネット上で申込みを行えば、専用の梱包用段ボールが届き、それに詰めて送るだけ。
多くのところではこの時の送料は無料ですね。

また、買取店と家の距離が近い場合、直接家まで来てその場で計算して見積もりを出し、その金額でOKであればその場で取っ払いでお金を払ってくれるところもあります。

ネット買取専門店で売ったら買取価格が2倍以上になった

僕は約3倍で売れました。

僕は今までずっと本を売る時はブックオフを利用していたのですが、それをネット買取専門店に変えたら約3倍の価格で売れました。

もっと早くそうしていればよかった!(悔)

具体的には、ブックオフでは300冊で8,460円だったのに対し、ネット買取専門店では400冊で23,600円で売れました

もちろん、それぞれ売った漫画の内容は違いますが、どちらもそこそこに新しい作品のみでした。
僕は本棚がいっぱいになったら売りに出すようにしているため、古いマンガは本棚に残らないので。

300冊と400冊で冊数の違いもありますが、これも100冊単位で計算してみると分かりやすいですね。
ブックオフでは100冊で2,820円、ネット買取専門店だと100冊で5,900円ですから。

2倍ちょっとの違いがあります。
また、ネット買取専門店では家から段ボールに詰めて送るだけですが、ブックオフやゲオでは店舗に持ち込むの基本(電話して予約すれば、家まで引き取りに来てくれる店舗もありますが)

僕は車に乗れないので、ブックオフで売っていた時は毎回この膨大な漫画を運んでいました・・・。
労力面でも早くこちらにしておけばよかった!

買取の手間を省き価格がリーズナブルな電子書籍

少年マガジンです。

僕は現在、紙の本を卒業し、マンガなどの全てを電子書籍に変えました。
紙の本だと、すぐに本棚がいっぱいになり(特に漫画が)、置き場所に困っていたので。

ネット買取専門店を見つけてラクになったとはいえ、その度に売るのが面倒くさくなったのですよね。
それで電子書籍に変えたのですが、本も本棚もなくなり一気に部屋のスペースが広がった!

画像のようなマガジンやジャンプなどの週刊誌を毎週買っても、置き場所や処分に困ったりすることが一切なくなりました

そして、利用するうちに電子書籍の魅力に次々と気付きました。
まず、紙の本より電子書籍の方が安いのですよね。

マンガなど、定価が安い上にセールやクーポン割引でさらに安くなる
電子書籍は紙の本と違って古本がないですが、価格面では決して負けていない、常に新品という状態を考えるとむしろ上でしょう。

また、僕が使っている電子書籍ストアのアプリが便利で、新刊入荷を知らせてくれる・作品ごとに漫画をまとめて管理してくれる・ダブり購入を防いでくれるといった機能なども

細かい部分ですが、これがけっこう助かるのですよね。
ただし、電子書籍ストアによってアプリは違うため、この点は注意が必要です。

他にも、新作も含めどの作品もだいたい冒頭の部分が試し読みできる、なかには1冊丸ごと無料の本があるのも電子書籍の魅力です。