昔はマンガの置き場所がない!と困っていたスヤマタクジです。
今回はそんな漫画を簡単に片づけるお話し。

電子書籍化のすすめ

電子書籍はこんな感じ。

本の置き場所がない(>_<)と嘆いているあなた!

ぜひ電子書籍に変えましょう。

これで本の置き場所に悩むこともありません♪

さらに今ある本と本棚を処分すれば、部屋のスペースも広くなります。

引っ越すことがあれば、次はその分、狭い部屋でもいいので家賃も安くなりますね。
もちろん、電子書籍のメリットはそれだけではありません。

PC・タブレット・スマホで読める、スマホやタブレットなら片手読みも行える、本よりも綺麗&文字や絵も大きく出来るので読みやすい、本よりも安い、1巻のみ無料などのセールも、しおりいらず、紙を消費しないのでエコ・置き場所だけでなく売る手間もいらないなどなど。

デメリットでよく言われる目が疲れるについても、目に優しい液晶フィルムを貼る・ブルーライトカット眼鏡をかけるなどすれば気になりません。

無料で読めるものも多いので(漫画なら新しい作品でも)、まずは一度試してみてください。
きっとその魅力にはまると思いますよ。

本にこだわるならつっぱり薄型本棚

薄型本棚です。

いや、電子書籍なんて邪道!

本は紙であってこその本!というそんな頑固なあなたには(笑)、つっぱり薄型本棚をおすすめします。

一番の特徴は薄型という点。

小説・漫画・大型本・雑誌など、それぞれの本の厚さに合わせた薄型本棚が販売されています。

漫画タイプなら奥行き16cmぐらいですね。
従来の本棚よりも非常に薄いため、廊下などにも置けるだけでなく、圧迫感も少ない♪

また、その薄さだと普通に立てられないため、上は天井で固定するつっぱり式となっています(天井に合わせて高さ調節も行える)
従来の本棚よりも上のスペースまで本を置けるため、収納数も多いという魅力もあります。

僕も電子書籍にする前はこれにお世話になっていました。
『アメトーーク 読書芸人』でこの本棚を紹介しているのを見て『これだ!』と購入したものです(笑)

潔く!でもお得な高価買取店で処分

本の処分も検討する。

あとは潔く処分ですね。

本が多くなれば、読まない本も自然と出てくるもの。

そういった本は処分して、新しい本を向かい入れるためのスペースを用意しましょう♪

不要なものを手放して必要なものを手に入れる断捨離の精神ですね。

とはいえ、処分の仕方もできればお得に行いたいもの。
捨てるのはもちろん、ブックオフで処分するのも僕はおすすめしません

ブックオフで売った経験がある人なら分かると思いますが、あそこってかなり買い叩きますよね。
あの影響で本はあまり高い金額で売れないのかなと思っていましたが、ネット宅配買取専門店のお店に買い取ってもらったかなりの額にっ!?

置き場所がないと困っているのなら、買い取ってもらうのも一つの手です。