整骨院に通い出してから腰と首の調子が良いタクです。
今回はそんな整骨院や整体の意義に関するお話し。

病院に行かないようにするには予防が大事

病院にはなるべく行かないようにする。

病気になったら病院に行く。この当たり前のことを見直してみましょう

というのも、そもそも病気というのはいきなりなるイメージを持っている人もいると思いますが、実はそんなことはありません。

日常の何気ない違和感の中に健康を崩すリスクが潜んでいます。

例えば、寝ても疲れが取れないとか、肩こりがひどいとかですね。
こういった病院に行っても病気と診断されないようなものが病気予備軍です。

こういった症状ならあなたも一つや二つは持っているのではないでしょうか?
これらが起こる主な原因は生活習慣の乱れや姿勢が悪くなって血流の流れが悪くなったから。

食事・睡眠・運動などの生活習慣の乱れはもちろん、血流の流れが悪くなることも健康を崩す原因の一つです。
医者の中には全ての病気の原因は血流の乱れにあり。と言う人もいるぐらいですから。

つまり、常日頃からこういった部分に気を付けていれば、病気の予防を行うことができるのです。
ちなみに僕は20代後半からこういった予防を始めたのですが、30代以降は1年に1回も病院に行かなくても平気になりました(それまでは年5~6回は行ってました)

整骨院・整体は予防に役立つ

整体や整骨は病気の予防に役立つ。

上でも解説した通り、病気になる主な原因の一つに血流の乱れがあります。

そして、血流の乱れの主な原因が姿勢が悪い、骨格や関節の歪みやズレです。

これらを改善してくれるのが整骨院や整体というわけですね。

病気の予防を行うのなら是非通っておきたいところです。
特に自分で本格的なストレッチをしていない人なら尚更ですね。

ちなみに運動はこういった歪みやズレを助長する行為。
プロなどは運動後のストレッチや整体などをしっかりと行いますからね。

現代社会で普通に生活していれば、まず何かしらの歪みやズレが生じます
そしてそれを放置していたらどの歪みやズレがどんどん進行していくのです。

そして、それがまず肩こりなどのちょっとした痛みで表れる。
さらに進行すると腰痛などに発展し、その血流の滞りが病気の原因ともなるのです。

そういったズレや歪みを改善するために定期的に整骨院や整体に通いたいところ。
また、良心的なところなら自宅で行うストレッチや生活習慣についてもアドバイスしてくれますからね。

整骨院選びも重要となります。
ちなみに僕は整体よりも整骨院をおすすめしています。

整骨院をおすすめする詳しい理由については以下のページを参照してください。

病院や薬のリスクを知っておく

薬にはリスクがある。

僕が整骨院や整体をおすすめするのは、病気の予防のためだけでなく、病院になるべく行かないためでもあります。

病院や薬にはリスクがあることをあなたは知っていますか?

まず病院のリスクといえば医療ミスが有名ですが、身近なところでも病気をうつされやすいというリスクがあります。

なにしろ病院は病人が集まるところですからね。
総合病院に治療やお見舞いに行ったら風邪をうつされた。なんていうのはよくある話し。

僕は一度、総合病院の耳鼻科に行ったらインフルエンザをうつされたこともあります。
また、薬にもリスクがあります。

有名なのは副作用ですよね。
他にも、何度も飲んでいると効き目が落ちる・依存度が高まるといったこともあります。

さらに、薬は基本的に化学物質の塊です。
化学物質はそれ自体が健康にリスクがあるもの。

ちょっとした服用なら問題なくても、ある一定量を超えると化学物質過敏症なども起こすリスクがあるもの。
そして、化学物質は体内で完全に消化することができず、どんどん体に溜まっていくという性質もあります。

であれば、なるべく体内には入れないようにした方が得策。
ちなみに化学物質は薬だけでなく、食品や化粧品、シャンプーなどの生活用品にも入っています。

健康のことを考えるのなら、こういったものもなるべく化学物質が入ってないものを選ぶようにしましょう。