質はともかく、量はこなしまくりのスヤマタクジです。
今回はブログ記事の質と量に関するお話し。

これを考えた時点で答えは出ている

ブログ記事は質と量どちらが大事?
これを考えた時点で答えは出ています。

あなたは量をこなさないといけないタイプ。
というか、ほとんどの人がこっちのタイプですね。

ブログも量をこなさないと質は上がらない

究極的なことをいえば、ブログ記事は質も量も大事。
どちらか一方より二つが揃ったときに圧倒的に成果を挙げます。

が、質を高めるためには量をこなさないといけない。
勉強やスポートなどと同じですね。

練習しないでいきなり本番に挑んでも、まず失敗しますから。
で、ブログの練習はまずは記事を書くこと。

さらに、その書いた記事を公開して他の人に見せることも必要。
他の人に見せないで自分一人で書いても、それは日記と変わりませんから。

他の人を意識して書く。
これがブログと日記の大きな違い。

ほとんどの人が量をこなさない限り、記事の質を高めることはできません。
よくまずは100記事というブロガーは多いですが、これは初歩の初歩!

ブログを書く習慣ができる程度の入口程度ですな。
ブログで稼ぐレベルに持っていきたいなら300~500記事ってところでしょうか。

よくブログで稼げるようになるには1年はかかると言われるのがこのため。
1日1ページ書けば1年で365記事ですから。

なので、1年続けなくても、早く稼ぎたいなら1日に何記事も書いて、短期間で300~500記事書けばOK!

ただし、こんな人は例外

ブログで稼ぐには300~500記事程度の量をこなし質を高める必要あり!・・・と言うけど、それよりも短期間で稼いでいる人だっているじゃん!という反論があるあなたはブロガー通。

たしかにそんなモンスターブロガーも中にはいます。
僕の知っている限りでは、1ヶ月で生活費レベルを稼いでいるブロガーもいますから。

が、これは一部の天才のみ!
あなたも天才の部類に入るのなら、徹底して質にこだわるのもいいでしょう。

しかし、凡人がこの方式を採用しても、ただアクセスが集まらないだけ。
僕が考えるブログで結果が残せる才能は、

  • 強烈なキャラクター
  • 知名度
  • ルックス(写真を載せる場合)
  • なかなかない経歴や経験がある人
  • 他にはない切り口や人を惹きつける文章が書ける人
  • 動画や写真もOK

これらを一言でまとめると、不特定多数に埋もれない強い個性があるかどうか。

短期間で突き抜けるにはこの個性が必ず必要。
突き抜けた個性がないなら、素直にコツコツ量をこなして質を磨いていくしかありません。

突き抜けた個性がなくても、時間をかけて量と質を積み重ねれば、天才じゃなくても結果は残すことできます。
というか、ブロガーだけでなく、何かしらの業界で結果を残している人の多くはこのタイプですね。

天才なんてどの業界でもほんの一握り。
自分がそうじゃないとしても、ほとんどいないので意識する必要もなし!

自分のペースでブログの結果を出していけばいいんです。

ではではまた。