ブラック企業の良いところ。

唯一の会社員勤務がブラック企業だったスヤマタクジです。
今回はそんなブラック企業に関するお話し。

僕が働いていたブラック企業はこんな感じ

  • 正社員なのに手取り月収16万円(当時20代後半・東京在住)
  • ボーナスなどの賞与・退職金などなし(契約書に明記されてました)
  • 1日12~16時間労働
  • 休みは週1、それすらなくなることも多々
  • 長期休暇は盆や正月の最低限
  • 有休などは基本認められない
  • 上司の恫喝あたり前、しかも働かないで高給取り
  • 新入社員の離職率8割以上(3年後)

いかがでしょう?
2016年に話題となったブラック企業にも負けない劣悪な環境です。

東京で給料16万円ということを考えると、企業というよりブラック会社といった方がいいかもしれませんね。

我ながらよくこんな環境で3年も働いていたと思います。
友達の紹介で入ったのでやめにくかったというのと、逃げてもすぐ捕まるというのが大きな要因ですね。

もともと社交性がなく会社員には一切希望を持っていませんでしたが、この経験でもう二度と会社員にはなりたくない!という思いが強くなりました。

ブラック企業で働いて良かったこと

ブラック企業や会社は百害あって一利なし!
人権を無視した過重労働・違法労働に加え、中小だと低賃金のところも多いですからね。

ブラック企業で働くと体も精神も削られ、多くのところではお金すら貯まらない最悪な環境です。

ただ、こんなブラック企業でもたった一つだけ良いところがあります。
それは僕みたいな怠け者の劇薬となるところ。

僕、かなりの怠け者なんですよ。
プロフィールにも書いてますが、『働かずに家でゴロゴロしながら好きなことだけして暮らしたい』と思っていたぐらいですから(今でも思っていますが)

会社員になる前は声優・芸人をやっていて、主にアルバイトをして食べていたのですが、暮らせるギリギリでしかシフトは入れない・気分が乗らないと休む・嫌なことがあるとすぐ辞める・ある程度お金が貯まっても辞めて家でお金がなくなるまでゴロゴロするなど、なかなかのダメっぷりでした。

強制的に働かされるというブラックな環境でこの性根はかなり叩き直されました。
逃げようにも簡単には逃げられない環境でしたからね(汗)

正直、今はフリーランス(自営業)となって家で一人で働いていますが、昔の自分だったらこんな環境だったらすぐにサボっていると思いますし。

あの経験があったから一人でも働ける自分があります。
もちろん、だからといって一切は感謝はしていませんが。

日本人はまじめな人種といっても僕みたいな怠け者や甘ちゃんも多い。
心当たりがある人は一度ブラック企業を経験するとかなり性根が叩き直されますよ。

まあ、3年も勤務する必要はなく、1ヶ月も務めれば十分ですが。

こんな人は絶対やめた方がいい

ただし、ブラック企業が良い方向に劇薬となるのは僕みたいな怠け者や甘ちゃんに加え、性格がひねくれている人だけ。

まじめ・素直な人は絶対に入ってはいけません。
まじめで素直な人はすぐに洗脳されてしまいますから。

そして、過労死するまで働いてしまう・・・。
また、そもそもまじめで素直な人は性根を叩き直す必要もありませんからね。

僕と同じように怠け者や甘ちゃんでも素直な人がいますが、こんな人も絶対にやめておきましょう!
素直はどうしても騙されやすく、環境の影響をモロに受け、これが当たり前となりがちですから。

逆に僕みたいに性格がひねくれていると、こんな環境に置かれると常に逃げることとサボることしか考えていません。
上司に恫喝されても常に『うるせえよ、自分が働けよ。』と思っていただけですからね(笑)

こんなタイプならブラック企業で働いても安心です。
僕みたいに働く習慣が身に付いてないときは劇薬となってくれます。

そして、その後の人生で辛いことがあっても、あの時よりマシだよなという精神的な強さが身に付く。
運動部の厳しい練習みたいなものですね。

ただ、それでもやっぱりおすすめはしませんけどね。

ではでは、また。