3年ほどブラック企業で働いていた経験があるスヤマタクジです。
今回はそんなブラック企業で働くリスクに関するお話し。

ブラック企業の定義

まずはブラック企業とはどういったものか?
色々と意見がありますが、僕の中では以下に当てはまるものは全てブラック企業ですね。

  • 長時間労働
  • 休みが少ない
  • 低賃金
  • スキルアップが行えない
  • セクハラやパワハラが当たり前
  • グレーなやり方で売上を増やす
  • 簡単に辞めさせてもらえない

これら全部ではなく、一つでも当てはまれば僕の中ではブラック企業です。
その仕事にやりがいがあるなら別ですが、そうでなければすぐに他の会社を探しましょう。

こんな会社にいても先はありません。
ちなみに僕が働いていたブラック企業は、以上のほとんどが当てはまっていました。

僕は1年目でこれはあぶない!と思い、うまいこと上司と交渉して労働時間・休日・賃金・仕事内容の変更に成功しましたが、他の人にこのやり方はおすすめしません。

交渉が成功したのは運が良かっただけで、普通ならこんなにうまくはいきませんから。
それよりも辞めた方が確実に抜け出せます。

ブラック企業で働くリスク

  • 体を壊すリスクが高い
  • 精神的にまいるリスクが高い
  • 低賃金なので働いても働いてもお金が貯まらない
  • スキルアップが行えないので年を取るほど抜け出しづらくなる

ブラック企業はとにかくハード。
長時間労働で体を壊し、それにセクハラやパワハラ、やりたくもないグレーなやり方を強要されるなどでストレスが溜まり、いずれ精神的にもやられてしまいます。

しかも、それだけハードなのに低賃金。
なので、お金は全然貯まりません。

体を壊して退職することになっても貯金はほとんどない!といった状態になってしまいます。
さらに、何年勤めてもスキルアップできないので、年を取るほど抜け出しづらくなるのも大きなリスク。

年を取ってなんのスキルもないと簡単には転職できませんからね。
で、ブラック企業にしがみつくことになり、さらに体と心がやられてしまう。

ブラック企業と分かったらすぐ辞める!が、あなたを守る一番の手段です。

ブラック企業で働き続けるより他の仕事を探す方が簡単

でも、転職なんて簡単には行えない・・・ブラック企業でも仕事があるだけマシ。
そんな風に思っているあなたはかなり危険!

だって、ブラック企業で働くことは命の危険もあるのですから。
働き過ぎで体や精神がやられて、実際に命を落とした人も数多くいるのですよ。

命の危険すらあってもまだマシだと言えますか?
それに、転職や他の仕事を探す方がまだ簡単です。

今は転職サイトもたくさんありますし、在宅でお金を稼ぐ方法もたくさん増えました。
また、僕みたいにフリーランスとなって稼ぐ方法なんかもありますしね。

学歴なし(最終学歴は代々木アニメーション学院)・コネや人脈なし・特別な才能なし・家は貧乏・声優や芸人を目指していて20代後半までまともな職歴なし・初めて就職した会社はブラック企業・マルチ商法に騙されるほどの情報弱者の僕でもブログを使ってフリーランスとして働けています。

どの方法を選ぶとしても、ブラック企業で働き続けるより100倍マシ。
あれほどハードな職場はそうそうありませんし、自分の好きな仕事なら体や心の疲労度も全く違いますから。

転職・在宅ワーク・フリーランスを難しく考えず、思い切ってチャレンジしてみましょう。
チャレンジしてみたら、すぐにブラック企業で働くよりマシなことが分かるはずです。