ベーシックインカムがあったらずっと声優や芸人を目指し続けたと思うスヤマタクジです。
今回はそんなベーシックインカムに関するお話し。

日本でベーシックインカムを導入するデメリット

日本でベーシックインカムを導入するデメリットは、金銭的な面とそれ以外の問題がそれぞれ一つずつありますね。

金銭面での問題点

まずは金銭面での問題。
日本でベーシックインカムを導入するとして、その金額がいくらになるかというのは非常に大事。

財政的なことを考えると、あまり高い金額は無理。
国民年金の6万5千円でも全国民にとなると、難しいのではないでしょうか?

仮に6万5千円でなんとかなったとしても、今度は金額面で不満の声を挙げる人は多数出てくるでしょうね。
なにしろ、ベーシックインカムが導入されれば、年金や生活保護などは廃止になります。

で、厚生年金(共済年金は厚生年金と一本化されて廃止)や生活保護費をもらっている人は月額6万5千円以上もらっていますからね。
年金や生活保護より支給額が減るので、『これじゃあ生活できない!』と不満爆発でしょう。

実際は国民年金のみで生活している人もいるので、ここはお金の使い方次第だと思います(僕なんかは楽勝)

そして、ベーシックインカムは収入に関係なく、全国民がもらえるものですから、格差は解決してくれないのですよね。
なので、格差拡大による嫉妬などはなくならないという問題点も。

ただ、ベーシックインカムを導入したから格差が拡大するという意見には僕は反対ですね。
例えば、僕が始めたネット起業などに関しても、ベーシックインカムがあればかなり挑戦しやすいですから。

ほとんど出費がないブログ起業なら節約すればベーシックインカムのみで生活しながら作業できるので。

金銭面以外での問題点

貧困の問題はお金よりも繋がりが少ないことが大きい。
貧困層は家族や友達、社会との繋がりが少ない人が圧倒的に多いことから出てきた意見ですね。

たしかに貧乏でも友達がたくさんいて幸せそうな人っていますよね。
極端な話、お金がなくても周りに食べさせてもらえば生きていけます。

僕の芸人時代でも、先輩に可愛がられる人は毎日のように誰かしらにご飯を奢ってもらっていましたから。
逆にお金持ちでも孤独で幸せじゃないという人もいる。

ベーシックインカムを導入するだけでは、人と繋がる問題は解決できないのですよね。

日本でベーシックインカムを導入するメリット

デメリットに比べると、導入するメリットの方が大きい。
ただ、日本には財政面という大きなデメリットがありますが。

金銭面での心の余裕ができる

ベーシックインカムが導入されれば、金銭面での心の余裕ができますよね。
失業しても、僕のようなフリーランスをしていて仕事がうまくいかなくても、毎月最低限の収入は入ってくる。

これって非常に大きいですよね。
チキンハートな僕はこれだけでもかなり心強い。

収益を考えないチャレンジがしやすくなります。

家族が多い人の方が有利(少子化や核家族化ストップ)

ベーシックインカムって、大人だけでなく子供も含めて全国民がもらえる。
なので、子供や家族が多ければ多いほどたくさんベーシックインカムがもらえる。

これって少子化ストップにかなり効果的ですよね。
また、家族がまとめて住んだ時のお得感もアップ。

これにより、核家族化にストップがかかり、昔ながらの大家族も少しは復活するでしょう。
他にも、子供にも支給されるので、シングルマザーやシングルファザーにとっても心強い味方となってくれます。

世代格差がなくなる

ベーシックインカムは子供も大人も老人もみんな同じ金額が支給される。
なので、現在問題となっている世代格差も一気に解消できます。

現在の老人は手厚い年金制度に守られていますが、少子化高齢化の日本ではこれからどんどんそれらが削れてくる。
僕ら世代が老人になったときはもちろん、今の子供が老人になったときは今のようにはいきません。

なのに、払う社会保障費はこれからどんどん上がっていく。
こんなの不公平以外の何物でもありませんよね?

一律支給のベーシックインカムならその理不尽さがなくなります。

ベーシックインカムよりベーシックコミュニティ

デメリットを考えると、日本ではベーシックインカム自体の導入が難しい。
また、導入しても色々な問題点を抱えています。

特に問題なのはお金で解決できない人との繋がりの部分。
可能であれば、お金の代わりに家族や友達を支給したいところですが、そんなわけにはいきませんからね。

それなら、ネットのコミュニティのように入るのも出るのも気軽に出来るリアルなコミュニティがあればいいなと僕なんかは思いますね。

そういったコミュニティを各地域にたくさん作る。
ベーシックインカムより必要なのはベーシックコミュニティです。