一般人からはアニメオタクと、アニヲタからは『オタクのレベルに達してねえよ!』と言われるタクです。
今回はそんなアニヲタはブログで稼ぐのに向いているというお話し。

アニヲタがブロガーに向いている理由

  • 家に引き籠っても平気
  • PCを利用する作業が苦痛じゃない
  • ネットサーフィンで情報収集するのが得意

アニヲタがブログで稼ぐブロガーに向いている理由は以上の通り。
もちろん、全ての人がこうではありませんが、こういった人が多いのがアニメオタクの特徴。

で、僕もこの3つ全部に当てはまっています。
そして、ブログやサイトで稼いで8年目(2016年時点)、2011年には年収1600万円も達成できました。

その経験からブログで稼ぐために重要なことは上の3つだと思ったわけです。
他にも、人を惹きつける文章力であったり、広告の配置の仕方だったりと、ブロガーとして大事なことはまだまだあるだろっ!

・・・と思うかもしれませんが、それらは続けていればいずれ身に付きます。
そのために大事なことは続けること。

そして、ブログを続けるために役立つ特徴が以上の3つ。
アニヲタとブロガー、相性良いと思いません?

ブログで稼ぐのに失敗するほとんどの人が開設して数か月で挫折してしまうから。
つまり、続けるだけでその人達に勝利できるわけです。

アニヲタがブログで稼ぐ具体的な方法

ここでは、アニメオタクがブロガーになって稼ぐための具体的な方法を解説しています。
最初はこんなパターンはやってはいけないというものから。

これはやっても稼げない

一番やってはいけないのはアニメのまとめサイトやブログですね。
ただ情報をまとめるだけではハッキリ言って稼げません。

短期的には少し稼げても、長期的には無理。
こんな無駄な作業はせず、長期的に稼げる効率的な作業を行いましょう。

そのために大事なのは、あなたのオリジナルコンテンツを提供すること。
もちろん、文章だけでもOK(写真や動画などもあるとさらにいいですが)

最悪なのは画像が欲しいと、著作権を侵害してアニメの画像を貼り付けること。
これは違法ですし、訴えられたら多額の賠償金を支払わないといけません。

仮に稼げるようになったとしても、賠償金で逆にマイナスになってしまうので絶対にやめましょう!
動画が欲しければYouTubeから公式PV(配信先も公式なところを)を貼り付けたリ、自分が持っているDVDなどのパッケージを写真に撮って貼り付けるようにしましょう。

では、アニメの感想サイトならどうか?
これはライバルが多いので、普通にやっただけでは稼げません。

アニメだけでストレートに攻めず、何か変化球もプラスしていかないと。
そのためのヒントを以下を解説していきます。

このヒントを元に自分で考え、戦略を膨らませていってください。
戦略を鍛えるためには、常に考え続けることが大事です。

アニメ関連の話題を広げる(初級編)

一番簡単なのはアニメ関連の話題を広げること。
例えば、コミケ・DVD・ブルーレイ・動画配信サービス・ネットTV・アニメ専門チャンネル(CS)などの話題など。

アニメの感想や作品に関連する情報ばかりを書いているブログは多いですが、それ以外のこういった情報も書いているブログって意外と少ないのですよね。

これだけでも他のブロガーと差別化を図れます。
特に自分が愛用しているものは徹底的に詳しく記事を書きましょう。

AbemaTV(アベマTV)にはまっているのなら、それの利用の仕方やお得情報など徹底して紹介していくなど。
他のアニメファンにメリットを提供することで、あなたのファンがどんどん増えていきますよ。

アニメと関連あるジャンルを絡める(中級編)

アニメ関連の話題を広げることに成功したのなら、次はアニメと関連もある話題も絡めてみましょう。
一番絡めやすいのは漫画ですね。

漫画はアニメ化された作品も多いですから。
他にはライトノベルなんかも。

漫画やライトノベルもただ感想を書くだけでなく、その周辺の話題を膨らませましょう。
例えば、ブックオフ・ゲオ・紙の本・電子書籍・宅配買取などなど。

ここまで出来れば、さらにブログが充実し、他のアニメブロガーと差別化できます。

アニメと関連がないジャンルも絡める(上級編)

上級編はグッと難易度が上がります。
アニメとは全く関連がないジャンルを絡めるのです。

例えば、社会や政治に絡めるなど。
全く関連がないので絡めることはできないように思えますが、以下の記事のように引用を利用することで絡めることができます。

この記事では、世の中には色々と理不尽は多いけれど、社会を否定してはいけないといった内容のことを書いているのですが、その内容と当てはまる漫画のセリフを以下のように引用しました。

君達はこの先の人生で、強大な社会の流れに邪魔をされて望んだ結果が出せない事が必ずあります。
その時社会に対して原因を求めてはいけません。
社会を否定してはいけません。
それは率直に言って時間の無駄です。

暗殺教室。

引用を利用する一番のメリットは説得力が増すことですね。
社会の記事なら社会関連本の引用を、マンガの記事なら漫画のセリフの引用をというのが基本でしたが、今はこんな風に利用している人も。

日本では圧倒的にマンガを読んでいる人が多く、徐々に漫画も知識として役立つことが認められた証拠ですね。
そして、こんな風にアニメやマンガと全く関連がないジャンルにも引用を使えば違和感なく紹介することができます。

知っている人が多いファンやオタクにおすすめするより、知らない人に紹介する方が売れやすいというメリットもあります。

引用の注意として、正しくしない著作権の侵害になる(上のように一目で引用と分かる、引用する文字量はオリジナル記事のごく一部にするのが基本)・無理やり引用しようとすると本編の記事自体がおかしくなること。

あくまで、メインを引き立てる脇役としてそっと添える程度。
そのため、この上級編を実践するには、アニメに全く関連がないジャンルにも興味があり、日頃から情報チェックしている必要があります。

そういうジャンルがないなら無理に実践する必要はありませんが、これを機会に他のジャンルにも興味を持ってみてはいかがでしょう?
意外と知ると面白くなるジャンルがあるかも(僕はこのパターンで政治や社会に興味を持ちました)

純粋なアニメブロガー&上のどの方法でもやっておくと有利な手法

上の方法を実践するのはもちろん、純粋なアニメブロガーとして挑戦するのにも有利な手法。
それは実名・顔写真を公開すること。

ブロガーでもこれを行っている人は少なく、さらにアニメブロガーに限定するとさらに少ない。
というより、いないのではないですかね?(今のところ僕は見つけられていません)

なので、これだけで他のブロガーとは大きな差が付きます。
実名・顔写真公開の一番の効果は信頼性が大幅にアップするという点ですね。

この効果は思った以上に大きいですよ。
具体的にはファンが増えるスピードが早くなります。