Amazon Kindle(アマゾン キンドル)推しの人が多過ぎることに違和感を感じるスヤマタクジです。
今回はそんなKindle推しに物申すお話し。

Amazon Kindleはたしかに魅力満載だけど

たしかにKindleって電子書籍の中でも魅力的なのですよ。
業界最大の品揃えですし、クーポンはないけどセールをガンガン行って価格面でもトップクラスですし。

さらに、Amazonプライム会員になると、対象のKindle本が毎月1冊無料で読める・Kindle専用電子書籍リーダーが安く買えるという特典も。
Amazonプライム会員は電子書籍だけでなく、日頃の買物・動画・音楽など、その他の特典も充実。

Kindleを利用していなくても、Amazonをよく利用するなら入っておいて損はありません。
さらに、2016年8月から始まった定額制電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』の存在が大きい。

ビジネス書1冊以下の月額で何十万冊の本が読み放題なわけですから。
一番最初より対象作品が減り勢いがなくなったとはいえ、まだまだ他の電子書籍ストアにはない大きな強みです。

これだけ見ると、電子書籍はやっぱりKindleが最強!となりそうですが、意外とそうでもありません。
しっかりと弱点がありますから。

Amazon Kindleの弱点

Kindleの弱点は決済方法がほぼ1つ・アプリが使いづらい・読み放題は漫画は作品数が少ないところ。

なぜかKindleは他と違い、商品をカートに入れて、その後に精算方法を選ぶというシステムではありません。
『1-clickで今すぐ買う』という形になっており、このボタンを押すとワンクリックでクレジットカードでの決済が行われます。

Amazonは他の商品や紙の本では他の支払い方法もできますが、電子書籍(Kindle)ではこの方式のみ。
クレジットカード払いのみしか出来ないのは、まあいいとしましょう。

しかし、なぜワンクリックで注文完了がされてしまうのかっ!?
なんだかたまに間違ってしまえ!といった悪意すら感じますし。

というか、僕は何度か間違えことがあるのですが、キャンセルも面倒なのですよね。
また、アプリが使いづらいのもネック。

Kindleのアプリは本1冊ずつ整理する形で、作品ごととか作者ごとにまとめてくれたりしないのですよ。
作品の数が少ないうちはこれでもいいのですが、数が多くなるとこれが非常に見づらくて邪魔くさい!

特に漫画なんて1つの作品で何十冊となるのが普通ですからね。
これはAmazonが海外の会社で、日本みたいにマンガばかり売れる国に対応できなかった影響ですね。

なので、僕は漫画は作品ごとに分けてくれてアプリが優秀なBooklive(ブックライブ)を利用し、仕事用のビジネス書などだけKindleを利用するようにしています。

なぜAmazon Kindleをおすすめする人が多いのか?

さて、ネットをよくやっている人なら気付いている人もいると思いますが、Kindleを紹介したりおすすめしたりしている人が多いと思いませんか?

それはKindleが一番使われているからと思っている人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。
現在首位は楽天koboと激しく争っている状態で、Bookliveなどの他の電子書籍ストアも僅差(電子書籍市場がまだ発展途上のため)

なのに、ブログやSNSではKindleの本ばかりを紹介している人が多いのはおかしいと思いませんか?
ネットに詳しい人なら『どうせアフィリエイト(紹介して売れたら一部の売上がもらえる仕組み)目的でしょ。』と気付いているかもしれませんが、これだと正解は半分だけ。

なぜなら、Kindle以外の電子書籍ストアもアフィリエイトはやっているから。
なのに、Kindle本がネット上でよく紹介されるのは、KindleだけがブログだけでなくTwitter(ツイッター)でもアフィリエイトを認めているから(他はNG)

なので、Twitter上で紹介されている電子書籍はKindleのものが多いのです。
情報の多さに惑わされず、利用するときは一番自分が使いやすいストアをしっかりと比較しましょう。

こんな人はAmazon Kindleがおすすめ

とはいえ、もちろんAmazon Kindleが絶対にダメということはありません。
決済方法やアプリはどうでもいいから、価格の安さと品揃えの多さ重視の人にはおすすめ。

本は一度読めば後は読まない人なら、作品ごとに整理する機能なども必要ないですしね。
また、Kindleは専用の電子書籍リーダーも安く、Amazonプライム会員になればさらに値引きされるという特典もあります。

雑誌・ビジネス書・自己啓発本などをたくさん読む人なら、読み放題のKindle Unlimitedも使い倒せます。
価格の安さが一番!(漫画やライトノベルは他と大差なし)なら、迷わずKindleを選びましょう。