今声優を目指したら金銭的には余裕を持って目指せるなと感じるタクです。
今回は声優を目指すなら失敗した先も考えるというお話し。

声優になれる可能性が芸能界で1番低いから

声優を目指すなら必ず失敗も考えて挑戦しましょう。

『戦う前から負けることを考えるやつがあるかっ!』

といった精神論はなしです。
なぜなら、声優は特に成功しづらい芸能界の中でも1番難しい職業だから。

その理由は声優を目指す人は芸人・役者・歌手などと同じぐらいかそれ以上いるのに、実際にプロとして活躍できる人数は他の業界よりも少ないから。

詳しくは上の『声優は芸能界の中でも一番なりづらく続けるのも難しい仕事』の記事に書いていますが、声優は1人で何役もこなすことができるため、他の業界よりも圧倒的に人気声優がたくさんの仕事をこなすため。

人気声優1人1人がたくさん仕事をこなすと、自然と残りの仕事数は少なくなる。
で、これから売れようとする声優の競争率はものすごい倍率となってしまうのです。

なれなくて当たり前の職業、それが声優。
だからこそ、目指すなら失敗のことも考えておかないといけないのです。

下積みで積める経験の少なさも芸能界トップクラス

声優は芸能界の中でも1番難しいだけでなく、下積みで積める経験の少なさも要注意。
僕は芸人も経験しましたが、芸人は売れてなくてもライブには頻繁に出れます(メジャーなものだけを選ばなければ)

これは役者や歌手なんかでも同じ。
でも、声優にはすぐに出れるようなライブみたいな場所がない。

なので、仕事がないと全然経験を積むことができません。
失敗しても、声優時代に積んだ経験を次の仕事に活かす!といったことが難しい。

だって、仕事がないと下積みさえできないのですから。
また、芸人は体育会系のノリがあり、先輩・後輩の縦社会の人間関係を経験することができます。

当時は嫌でしたが、こういった経験は普通の社会でもけっこう活かせるのですよね。
逆に声優は文科系のノリで、縦の関係は比較的ゆるめ。

ラクですが、芸人のときよりも人間関係の経験を学ぶという点では弱い。
なので、何も意識しないと声優を何年も目指して失敗。

けど、社会的なスキルは新卒とほとんど変わらないという震え上がる展開になってしまうのです。

先のことを考えてアルバイトには絶対こだわる!

声優を目指すのは失敗して当たり前、さらに売れない声優の下積みでは社会経験も積めない。
であれば、失敗した時のことも考えて、アルバイトには徹底的にこだわるようにしましょう!

なれなかったときはこういった仕事がしたいというのがあれば、それに合わせたアルバイトを選ぶだけ。
なければ、興味がありそうなものを色々と試してみましょう。

また、興味があるアルバイトと並行して家で出来るネット関連の仕事にも挑戦しておくと理想的。

詳しくは下の『売れてない声優におすすめのアルバイト&副業』の記事でまとめていますが、自由にスケジュールが組めるブログや在宅ワークなどは声優の仕事とも相性がいいですから。

好きなタイミングで仕事が出来るので急なオーディションなどにもすぐに対応できる。
さらに、声優が失敗した時もそのままそっちを本業にするという選択肢もできます。

フリーランスは会社員よりも学歴や社会経験がない人も対等に戦える場所です。

ではではまた。