陰口って得るものに対して、失うものがあまりに大き過ぎるよなと思うタクです。
今回は陰口は自分のために絶対にやめた方がいいというお話し。

関係が近いほど陰口には注意

陰口にも色々とありますが、関係が近い相手ほどデメリットが大きいので注意しましょう!
具体的には、親友・恋人・家族などですね。

こういった相手の陰口を言うのは絶対にNG。

陰口を言うとこんなデメリットがある

陰口を言う一番のデメリットは、直接伝えるより相手が根に持ちやすいところ。
面と向かって言えばその場で済むことでも、陰で言われたことが耳に入ってきたときの方が頭に来ません?

これは心理学でも実証されていること。
ちなみに、良いことに関しても直接言われるより他から聞かされた方がうれしいようで。

なので、不満があるなら直接相手に伝えましょう!
そっちの方が手っ取り早いですし、その方が相手とこじれることも少ない。

直接相手に言えない?・・・そんな基本的な関係性ができていない人とは縁を切ることをおすすめします。

陰口を言うと自分の見る目のなさをアピールしているのと一緒

また、陰口を言うと周りの評価を落とすことにも繋がります。
そんな人は信用できませんからね。

また、言っている対象が親友・恋人・結婚相手だった場合、自分の見る目のなさを周りにアピールしているようなもの。
それはそうでしょ、だってその相手を選んだのは自分自身なのですから。

親友・恋人ならまだしも、結婚相手の悪口はそのまま自分に返ってきます。
そんな陰口を言いたくなる旦那・嫁をこの人は選んだのねと。

たまにTwitterやFacebookといったSNSで陰口?を言う人がいますがあれは最悪ですね。
どんだけ自分の見る目のなさをアピールしたいんだよと。

共感するのも一緒

また、自分で陰口を言わなくても共感するのも同じですね。
それは自分も人を見る目がありませんって同意しているのと同じですから。

こちらもSNSだったら最悪ですね。
旦那や嫁の陰口を言ったツイートなどをシェアしたり『いいね』したりなど。

自分の人の見る目のなさを拡散してどうするんですか!と。
それが広まれば広まるほど、自分の悪い情報がどんどん広まっているということに早く気付きんしゃい。

ではではまた。