1話目から衝撃を与えてくるアニメはやっぱりインパクト強いよなと思うタクです。
今回はそんな1話目が衝撃的だったおすすめアニメのお話し。


1話目が衝撃的だったおすすめアニメ

今回のおすすめ5作品は1話目の衝撃のみで選んでいます!
衝撃をガッツリと味わいたいのなら、PVや公式サイトは一切見ずにいきなり視聴するのが一番です。

デッドマン・ワンダーランド

デッドマン・ワンダーランドは、2011年に全12話が放送された漫画を原作としたアニメ作品。
原作漫画は月刊少年エースで連載され、作者は片岡人生さんと近藤一馬さん、全13巻が出ています。

ジャンルは監獄サバイバルアクション。
デッドマン・ワンダーランドの世界では、東京大震災により東京は壊滅。

その災害をキッカケに、血液を操る謎の能力『罪の枝』を使えるデッドマンと呼ばれる特殊能力が誕生しています。

そのデッドマンが収監されている完全民営化刑務所『デッドマン・ワンダーランド』を中心に展開するアメリカ映画もビックリのとってもハードな物語がこの作品の特徴。

ただ、1話目の最初ではそんな雰囲気を微塵も感じさせません!
幼なじみと仲良く学校に登校。

そのままほのぼのとした学園ストーリーが始まると見せかけての急展開ですから。
この辺は上のPVを見れば一発で分かるので、ネタバレを避けたい人は見ないように。

デッドマン・ワンダーランドの1話目の衝撃を一言でいうのなら、
『幼なじみの女の子がっ!?』

ソードアート・オンライン

ソードアート・オンラインは、2012年に第1期が全25話・2014年に第2期が全24話で放送されたライトノベルを原作としたアニメ作品。
原作ライトノベルは電撃文庫で連載され、作者:川原礫さん・イラスト:abecさん。

ソードアート・オンラインは、2022年の日本を舞台としたもの。
基本的には現代日本とあまり差がないのですが、大きな違いは非常に高度なVRマシン(仮想現実を体感させるもの)が市販されている世界。

VRゲームは今の日本でも話題になっていますからね。
ソードアート・オンラインの世界では、自分がそのまま仮想現実に入り込む形の完成度の高さになっています。

1話目からそんなVRマシンを利用したMMORPGの剣と魔法のファンタジー世界を楽しめます。
そんなVRマシンのファンタジー世界を楽しむ作品なのかと思いきやの急展開!(上のPVは続編のものなのでネタバレ含みます)

ソードアート・オンラインの1話目の衝撃を一言でいうのなら、
『突然の突き放しっ!?』

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃には、2006年に第1期が全26話・2007に第2期が全24話で放送された同人ゲームを原作としたアニメ作品。
また、その他にもOVAシリーズも展開しています(テレビシリーズよりも全体的にノリが軽い)

人口2000人に満たないさびれた村『雛見沢村』を舞台としたミステリー(時代設定は昭和58年)
主人公:前原圭一が都会から雛見沢村に引っ越してきたところから物語が始まります。

1話目の冒頭から衝撃シーンから始まる!
なのに、そのすぐ後からは普通の日常シーンになる。

しかも、ちょっと萌え要素があるようなラブコメ感もあり。
そして、そのまま数話ストーリーが進んでいき、なんだかとっても消化不良な前半戦となります。

この落差がある1話目にまずは軽い衝撃。
さらに、1話目の真相が分かる数話先で第二の衝撃。

真相を知ってから第1話の冒頭をもう一度見直すと、なかなかの戦慄が走ります。
そういった意味では、1話で2度おいしい作品です。

ひぐらしのなく頃にの1話目の衝撃を一言でいうのなら、
『放置プレイに見せかけての一撃っ!?』

喰霊-零-

喰霊-零-(がれいぜろ)は、2008年に全12話が放送された漫画を原作としたアニメ作品。
原作漫画は喰霊でタイトルで月刊少年エースで連載され(アニメは原作の前日譚)、作者は瀬川はじめさん、全14巻が出ています。

悪霊が存在し、それを退治する退魔士が存在する日本を舞台とした物語。
原作でのジャンルは『ノンストップ放課後退魔アクション』。

作品自体も面白かったのですが、一番話題となったのは視聴者に大きなフェイクを仕掛けた演出・構成を行ったこと。

1話目の脚本はもちろん、公式サイトまでフェイクのものを用意する徹底ぶり(現在は通常のもの)
それを1話目のラストで裏切るという形は衝撃的でしたね。

PVや公式サイトを観るとそれが分かってしまうため、視聴するつもりなら是非その辺はチェックしないで見てみてください。

喰霊-零-の1話目の衝撃を一言でいうのなら、
『騙されたっ!?』

がっこうぐらし!

がっこうぐらし!は、2015年に全12話が放送された漫画を原作としたアニメ作品。
原作漫画はまんがタイムきららフォワードで連載され、作者は原作:海法紀光さん・作画:千葉サドルさん。

こちらは上の動画の通り(こちらはネタバレなしなので安心してください)、日本の学園を舞台とした作品。
学園生活部に所属する女子高生4人組がタイトル通りにがっこうぐらしの活動を行うストーリー。

ほのぼのとした展開と可愛さや楽しさが満載。
よくある日常もの萌え系かと思いきや、こちらも1話目のラストで突然の大どんでん返し!

真実が分かってから改めて1話目を見ると、色々な部分の仕掛けが見えてきます。
なぜ、キャラクターの一人がスコップを持っているかの理由など。

がっこうぐらし!の1話目の衝撃を一言でいうのなら、
『震え上がるっ!?』

1話目が衝撃的だったおすすめアニメ5選のまとめ

今回は1話目の衝撃のみでおすすめアニメ作品を厳選。
下にいくほど、僕の中での衝撃度が大きくなっています。

上でも書きましたが、1話目の衝撃を存分に味わいたいのなら、PV動画や公式サイトなどは一切チェックせずに視聴しましょう。